副業解禁でフリーランスの活躍する場が拡大

従来、会社に務めるサラリーマンは、所属先が副業を認めている場合もありましたが、多くは副業を認めていませんでした。しかし2018年1月に、厚生労働省が副業兼業の促進に関するガイドラインを発表したことで、実質的に副業や兼業が可能となりました。ある有名企業は、これに先行して副業を解禁し、それに続き大手企業も副業の解禁へと動き出しています。今後はさらに副業解禁に向かって、さまざまな分野で副業を始める人が増えると予想されます。

中でもITエンジニアは、工場の機械作業員などと違い、インターネットが利用できれば、時間や場所に制限されることなく副業を行える職種です。むしろ、自分が持つ知識や技術を最大限に発揮できる職種です。本業の仕事もこなしつつ、空いた時間や自由に使える時間帯を有効活用して、副業をすることが出来ます。さらにそこから発展し、独立してフリーランスになり、副業を専業に変えることも夢ではありません。

ITエンジニアが取り組みやすい副業は、特に本職の延長線上にある仕事です。例えば、プログラミングや動画の作成やWebデザインなどです。また、Webライターやサーバーの遠隔管理などもあります。プログラミングの副業は、ITエンジニアの得意分野なので、すぐにでも取り組めます。高単価の仕事も多いので、収入アップに直結します。

また副業を通して、まだ身につけていない言語を習得することも可能です。動画の作成やWebデザインも近年需要が増えている仕事で、Webライターも自分の専門知識を活かして執筆案件を選べば良いので、取り組みやすい仕事です。副業は、本職のスキルアップだけでなく、フリーランスとして活躍できるチャンスでもあります。